不動産活用

民泊とゲストハウスの違いは?営業許可や収支などを比較

ときおり混同されることのある民泊とゲストハウスですが、実際には宿泊施設の特徴や宿泊客の人数などが大きく異なります。この記事では事業者側の観点から民泊とゲストハウスの違いについて簡単に解説します。 これから宿泊施設を開業したいと考えてい...
不動産活用

Booking.comへの直接掲載と楽天Vacation Stay経由の掲載どちらが良いか

世界最大級のOTAで集客力も高いBooking.comには、民泊物件を直接掲載する他に、楽天Vacation Stayに物件を登録すれば自動的に転載してもらえるので、その手段を使う方法もあります。 楽天Vacation Stayを利用...
不動産活用

民泊用のインターネットはどれが良い?3種類のメリット・デメリットを比較

民泊にはゲストが利用できるインターネット環境を用意することが欠かせません。特に外国人ゲストの中には日本で使えるSIMを持たず、どこでもインターネットを利用できる環境にない人もいるため、施設内でインターネットを使えることは集客面において必須だ...
不動産活用

民泊新法(住宅宿泊事業法)の届出の流れは?必要書類や注意点も

民泊新法(住宅宿泊事業法)の届出作業は意外と手間がかかります。必要書類が多く、それを集めるのに苦労するからです。この記事では、届出をするにあたっての手順や必要書類の取得方法、注意点などを解説していきます。 事前に確認しておくべきこと 物...
不動産活用

民泊新法(住宅宿泊事業法)と旅館業法の違いは?メリットと選び方も

民泊を開業するには、民泊新法(住宅宿泊事業法)もしくは旅館業法に基づき営業許可(届出受理)を受けなければなりません。それぞれ手続きの方法や規制が変わってくるため、どちらを選ぶかは重要です。 ここでは民泊新法と旅館業法の違いの比較と、そ...
不動産活用

民泊新法(住宅宿泊事業法)、180日規制への対策と注意点

民泊新法(住宅宿泊事業法)に基づいて民泊営業を行う場合、最も問題になるのが「営業は年間180日まで」という規制でしょう。1年のうち最大でも半分弱の日数しか泊められないため、旅館業物件に比べて収益を大きく圧迫されてしまいます。 しかし、...
不動産活用

戸建民泊の開業にかかる費用は?必要な備品ごとに目安コストを解説

大人数を収容できる戸建住宅は、民泊を行う上では工夫の余地が大きく、また開業許可等の取得なども比較的やりやすいほか、売り上げも立ちやすいというメリットがあります。 しかし、面積が広かったり消防設備が付いていなかったりするなどの理由で投資...
未分類

民泊のレビュー点数を上げるコツは?Airbnbの仕組みも

宿泊予約サイト(OTA)では、各宿泊施設にレビュー点数が掲載されます。どのOTAでも、レビュー点数が高いほどゲストの満足度が高い施設として掲載順位が上がるなどのメリットがあります。そのため、いかに高いレビュー点数を得られるかが民泊運営でも鍵...
不動産活用

民泊とホテルを差別化しやすくする「二項対立コンセプトメイキング」

宿泊施設の中でも、最も供給が多く、宿泊者も多いのがホテルです。一泊数千円程度の安価なビジネスホテル・バジェットホテルから、数十万円以上するラグジュアリーホテルまで多種多様な物件が存在し、宿泊業界の代表たる存在です。 民泊もホテルと同じ...
不動産投資

不動産投資、住宅賃貸と民泊運営のメリット・デメリットを比較

住宅賃貸と民泊運営の特徴を比較 物件を賃貸する場合と民泊を運営する場合の主な特徴を解説していきます。 利回り 賃貸物件の賃料相場はエリアや物件によって変わりますが、おおむね東京都心部では5~8%程度、地方なら10~20%程度が執筆...
タイトルとURLをコピーしました