不動産活用

不動産投資

民泊用の売り物件を選ぶ際のポイントは?出口戦略も踏まえて解説

民泊は賃貸物件で営業するスタイルが主流ですが、自身で物件を購入して営業する方法もあります。その場合、良い不動産を見極める能力が賃貸以上に必要となりますが、将来的に売却益も狙えるため、トータルで高い収益を狙うこともできます。 この記事で...
不動産投資

民泊と不動産投資の比較、副業としての良し悪し

民泊と不動産投資はどちらも不動産を使って継続的な収入を得るビジネスモデルであり、管理運営をプロに一任することも可能なことから、よく比較対象になります。 しかし実際にはそれぞれのメリット・デメリットがあるため、自身がどちらに取り組むべき...
不動産活用

旅館業と民泊新法どちらを選べばいい?5つのパターンを解説

民泊を開業するためには、旅館業法もしくは民泊新法(住宅宿泊事業法)による許可・届出受理を得る必要があります。旅館業法では営業日数の規制がないため売上の最大化が期待できる一方、開業のハードルは民泊新法より高くなります。 ここでは、旅館業...
不動産活用

民泊では布団とベッドどちらを導入すべきか

和風の物件で民泊を開業する際、寝具をベッドにしようか、布団にしようかと悩むことは往々にしてあります。ここではどちらを導入すべきか、弊社なりの考え方を記します。 ベッドの方が人気が高い 基本的に、日本人にも外国人にも、ベッドの方が布団...
不動産活用

別荘で民泊を行うメリットと注意点、始め方

コロナ禍によって自由な移動が制限される中、マイクロツーリズムという言葉の流行に代表されるように「大都市郊外のリゾート地」へ宿泊需要が集中する傾向が顕著になっています。これを受けて、別荘で民泊を行う事業者が増えてきています。 弊社でも箱...
不動産活用

民泊の騒音対策5つとクレームへの対処方法、騒音に強い物件の選び方

民泊に騒音トラブルは付きもので、弊社でも実際にクレームを受け、再発防止策を講じた経験があります。騒音トラブルには適切に対処しなければ、行政から営業停止命令が下ることもあります。そこまで至らなくても、近隣に迷惑を掛けてしまうことは極力避けなけ...
不動産活用

民泊での長期滞在の受け入れ方と注意点、マンスリー賃貸の募集方法

民泊を行う際には「長期滞在」を意識することも大切です。多くのゲストは1~4泊程度ですが、中には1ヶ月以上滞在するゲストもおり、そのニーズを上手に掴むことで安定稼働を目指せます。 この記事では、長期滞在を受け入れる際に必要な準備や気を付...
不動産活用

コンドミニアムホテルとは?民泊(貸別荘)との違い、長所・短所を比較

「暮らすように泊まる」を実現できるのは、民泊(貸別荘)だけではありません。沖縄やハワイなどによくある、ファミリーマンションのような客室を提供する「コンドミニアムホテル」でも同様の体験を得られます。 広々とした空間で自炊や洗濯もでき、加...
不動産活用

民泊をする際は「用途地域」に注意!開業できるエリアや調べ方を解説

民泊を開業する際に必ず調べておかなければならないのが「用途地域」です。場合によっては、用途地域によって事業計画が狂ってしまったり、最悪の場合は開業にこぎつけられないリスクもありますので、事前に確認しておくことが欠かせません。 この記事...
不動産活用

副業で民泊をやるメリットと注意点は?実践して得たノウハウまとめ

新型コロナウイルスが蔓延するまでは、民泊は副業としても大きな人気を集めていました。 民泊新法が施行され、営業許可を取得していなかった違法民泊が一掃されてからは一時的に勢いは衰えたものの、インバウンド観光市場の急成長によって、営業を継続...
タイトルとURLをコピーしました