不動産投資

不動産投資

地方・田舎で不動産投資する場合の物件チェックポイントまとめ

私は個人で築古戸建に絞って不動産投資を行っており、執筆時現在でこれまでに6戸を購入、4戸を運用中です。大家としての規模は大きくありませんが、地方の物件やボロ物件を運用するノウハウは相応に体得してきました。 地方不動産への投資は、「借り...
不動産投資

不動産投資の融資に必須!土地の担保評価の調べ方、物件の見方を解説

購入する不動産の担保評価が高ければ、その物件を担保に融資を受けやすくなるため、不動産投資において今後の拡大を考えやすくなります。ファイナンスの面から言うと実質的に純資産をプラスにできるので、財務体質を強化できるメリットがあります。 担...
不動産投資

ボロ戸建、賃貸後の管理方法は?自主管理のポイントや売却タイミングも

不動産投資では、入居者が決まったタイミングこそ胸をなで下ろす時ではないでしょうか。しかし、家主としての仕事は終わりではなく、今度は「管理と売却」を考える時が来るのです。 入居者にとっては、物件に入居してからが新しい生活のはじまり。快適...
不動産投資

ボロ戸建の客付け手順 仲介業者の選定方法や依頼時のポイントなど

ボロ戸建の修繕やリノベーションが完了し、人に貸せる状態まで持っていくことができたら、いよいよ借りてくれる人を探すために仲介業者の選定に入ります。 この記事では、どのように仲介業者を探し、どのように選定すればいいのか、そのポイントについ...
不動産投資

ボロ戸建を再生!リノベーションの計画手順とコンセプトの立て方

購入したボロ戸建は、修繕とリノベーションを通じて家賃収入を生む賃貸物件へと再生されます(そのままでも借り手は付きますが収益性は低くなります)。再生のクオリティ次第では相場よりも高い家賃で貸せるような競争力のある物件にさえなり得ます。 ...
不動産投資

ボロ戸建を買うべきかどうか検討するための手順と押さえたいポイント

気になるボロ戸建物件を見つけたとしても、それが本当に採算の取れる物件かどうかは精査してみないと分かりません。実際に内覧し、どんなリスクがあるのか、どれくらいの賃料が取れるのかを調査して、収支をじっくり計算して答えを出す必要があります。 ...
不動産投資

ボロ戸建の探し方まとめ。それぞれの手段の特徴も解説

ここではボロ戸建物件の探し方について、複数の手段をまとめました。それぞれ特徴やうまく物件を探すためのポイントがあるため、参考に物件探しを始めてみてください。
不動産投資

ボロ戸建投資とは?メリット・デメリット、主なリスクと対策を解説

ボロ戸建投資は、主に築古で状態が悪く、ゆえに格安で販売されている戸建物件を購入し、リノベーションなどを行って貸すことで高利回りの実現を目指す不動産投資の手法です。 物件によっては新車を一台買うよりも安い金額で購入することができるため、...
不動産投資

賃貸物件で畳にたばこの焼け焦げが発生。大家と賃借人の対応方法は?

先日、箱根の民泊で、ゲストが禁煙にもかかわらず喫煙してしまい、さらにリビングの畳に吸い殻をこぼして焼け焦げを作ってしまうという事件がありました。 今回は事なきを得たので費用請求はせず、注意のみで済ませましたが、同様のトラブルが起きた際...
不動産投資

所有物件を民泊用途で貸す場合のメリット・デメリットと始め方

コロナ禍の影響で厳しい状況にある民泊業界ですが、依然として民泊ができる物件の供給は少なく、現在でも物件を探し回っている事業者は多い状況です。 大家からすると、民泊用に賃貸募集を行うことで収益アップや空室期間の短縮といったメリットが見込...
タイトルとURLをコピーしました