旅館業法

不動産活用

民泊での長期滞在の受け入れ方と注意点、マンスリー賃貸の募集方法

民泊を行う際には「長期滞在」を意識することも大切です。多くのゲストは1~4泊程度ですが、中には1ヶ月以上滞在するゲストもおり、そのニーズを上手に掴むことで安定稼働を目指せます。 この記事では、長期滞在を受け入れる際に必要な準備や気を付...
不動産活用

民泊に宿泊者名簿は必要?ゲストへの依頼・回収の仕方や注意点

宿泊者名簿という言葉を聞いたことがありますでしょうか。旅館業法に基づいて営業している日本の宿泊施設は、必ず宿泊者名簿を宿泊客に記入してもらわなければなりません。あなたもホテルなどに宿泊した際、最初にフロントで氏名や職業などを書いた記憶がある...
不動産活用

東京23区の民泊・旅館業条例まとめ。開業しやすい・しにくい区は?

民泊新法(住宅宿泊事業法)と旅館業法は、各自治体によって条例や条文解釈の違いにより規制が異なり、開業に必要な条件が変わります。そのため、自分が開業したい地域の要件はどのようになっているのか、開業までの難易度は高いか・そうでないかをあらかじめ...
不動産活用

民泊新法(住宅宿泊事業法)と旅館業法の違いは?メリットと選び方も

民泊を開業するには、民泊新法(住宅宿泊事業法)もしくは旅館業法に基づき営業許可(届出受理)を受けなければなりません。それぞれ手続きの方法や規制が変わってくるため、どちらを選ぶかは重要です。 ここでは民泊新法と旅館業法の違いの比較と、そ...
不動産活用

民泊新法(住宅宿泊事業法)、180日規制への対策と注意点

民泊新法(住宅宿泊事業法)に基づいて民泊営業を行う場合、最も問題になるのが「営業は年間180日まで」という規制でしょう。1年のうち最大でも半分弱の日数しか泊められないため、旅館業物件に比べて収益を大きく圧迫されてしまいます。 しかし、...
不動産活用

民泊の開業許可(届出)の取り方と候補物件のチェックポイント

良さそうな民泊物件が見つかっても、内覧後すぐに申込を入れるのはリスクがあります。なぜかと言うと、民泊のような宿泊業は許可制であり、旅館業法に基づく許可もしくは住宅宿泊事業法による届出の受理がなければ営業することはできず、許可等のために必要な...
不動産活用

民泊ビジネスを始めるメリット・デメリットと開業までの手順まとめ

コロナ禍で海外旅行が大きく制限されてしまっている昨今ですが、以前の日本はインバウンド観光バブルに湧き、その一環で民泊ビジネスにも視線が集まっていました。従来のホテルや旅館とは異なる、個人でも営める小規模な宿泊施設事業として、法人・個人問わず...
不動産活用

民泊の始め方は?許可の取得方法、物件探し、経営のコツなど徹底解説

民泊の開業に関心を持つ方は、まず「どうすれば開業できるのか」を知ることが大切です。物件の契約や家具備品類の購入など、まとまった初期費用が必要になるほか、営業許可を取得する手順は事前に覚えておかなければ苦労するためです。 この記事では、...
不動産活用

旅館業の駆けつけ要件はどう満たす?民泊新法との違い、許可取得の判断基準も

民泊をやるに当たって、旅館業の取得時に頭を悩ませるものの一つが「駆けつけ要件」です。 駆けつけ要件とはその名の通り、スタッフ非常駐型の宿泊施設において、緊急時に所定の時間内に宿泊施設へスタッフが駆けつけられる体制を整備しなければならな...
不動産活用

民泊やるならマンション・戸建・アパートどれ?メリット・デメリットを比較

民泊営業の可能な物件数は多くありませんが、一方で物件選びは民泊の成功には欠かせません。立地・家賃・間取り・設備それぞれのバランスを見て、「ここなら行ける!」という物件を探し続けるのは非常に大切です。 今回はマンション・戸建・アパートと...
タイトルとURLをコピーしました