ボロ戸建の探し方まとめ。それぞれの手段の特徴も解説

不動産投資

ここではボロ戸建物件の探し方について、複数の手段をまとめました。それぞれ特徴やうまく物件を探すためのポイントがあるため、参考に物件探しを始めてみてください。

ポータルサイトで探す

物件探しで最もスタンダードな手法が「ポータルサイトを見ること」です。例えばSUUMOやLIFULL HOME’S、アットホームといった媒体が有名ですが、投資物件探しであれば楽待と健美家も有名です。

ポータルサイトを見る際は「中古戸建」と「土地(古家付き)」それぞれのカテゴリを確認します。ボロ戸建を探す場合は、金額の上限を指定して新着順に物件を表示させるか、あるいは〇日以内の新着物件に絞って安い順に表示させると便利です。

物件探しの一般的な方法であるぶん、目ぼしい物件が見つかる可能性も高いのですが、反面競争が非常に激しいため、良いボロ戸建は公開されたその日のうちに買付が入ってしまいます。そのため、本気でボロ戸建を狙うのであれば、つど新着物件を通知してくれるメールマガジンに登録する等の手段を使うのが望ましいでしょう。

また、ボロ戸建は価格が安いため、不動産会社も積極的に取り扱いたくはないものです。にもかかわらず反響が非常に多いため、問い合わせフォームから問い合わせを送っても返事がないケースは多くあります。そのため、基本的に電話で不動産会社と連絡を取る形が望ましいと言えます。

空き家バンクで探す

自治体によっては、地域に空き家が増えていく問題への対策として、空き家の売買・賃貸情報を自治体などが取りまとめる「空き家バンク」という制度を導入しています。基本的には人口減少が著しい地域で導入されるものですが、比較的居住ニーズの高い都市もいくらか参加しています。

空き家バンクは地域によって運用方法が異なりますが、基本的には「地域の不動産会社の物件情報」もしくは「空き家の所有者による物件情報」が掲載されます。不動産会社の多い都市部では前者、逆に不動産会社が少ない、あるいは無い田舎では後者の仕組みが多く採用されています。

後者の場合、所有者が条件を決め、所有者と購入希望者が直接話した上で契約の段取りを進める直接取引の形になるため、交渉に少々骨が折れる場合もありますが、たまに破格の条件で空き家が出てくることもあります。

空き家バンクは不動産ポータルサイトに比べて知名度や物件の掲載頻度が低く、閲覧者も少ないため、自治体によっては競争が穏やかなのがメリットです。また直接取引ならではの「外れ値物件」を狙うことも不可能ではありません。一方で、基本的に空き家バンクは空き家が多い自治体が採用するものですので、投資用物件としては成立しづらい立地のものも多いのが難点です。

不動産会社に直接訪問して探す

また、不動産会社の店舗に直接訪問して、ボロ戸建の取扱がないかを確認して回るというやり方もあります。効率は悪いものの、まだポータルサイトに掲載前の物件の情報を得られる可能性もあります。

不動産会社は物件をポータルサイトに掲載する前に、まずは家主から依頼を受けて物件を調査し、その情報を取りまとめてから掲載の準備に入ります。もしくは、REINSという宅建業者専用の不動産情報共有システムから、自社でも仲介可能な物件の情報を入手しポータルサイト等で販売の広告を行います。

一般的に前者の取扱を「元付け」、後者を「客付け」と呼びます。不動産会社への直接訪問だと、この元付け物件の情報をいち早く得られる可能性があるわけです。

不動産屋といえばフランチャイズ店舗をイメージするかと思いますが、昔ながらの不動産屋でもこうした元付け情報を持っている可能性があります。要は、不動産会社は地元のネットワークや投資家とのネットワークをどれだけ築いているかによって、元付け物件を扱えるかどうかが変わってくるということなのです。様々な店舗に訪問することを試してみるのも良いでしょう。

人づてに探す

不動産会社以外にも、ボロ戸建を所有している人や相続予定の人、相続案件を扱う税理士や司法書士、金融機関の担当者にアプローチするという手段もあります。一見では厳しいので、物件情報を教えてくれるような仲の知人がいれば使える手段です。

この手段では最も早く物件情報に触れられる可能性があるのが強みです。「あの人が家を売ろうかどうか迷っている」という案件化以前の情報を得られるケースも珍しくありません。

注意点としては、契約や価格の決定については、トラブルを避けるために不動産会社などのプロを挟むべきであるということです。不動産の売買には様々な法律が絡んでくるため、素人のみで手続きを完結するのは困難です。もし何かトラブルになり相手と関係性が悪くなってしまえば、物件がどうこう、という以前に、暮らしにくくなってしまう可能性も十分にあり得ます。

もし、自分の周りに物件情報を紹介してくれそうなツテがあれば、積極的に拾いに行ってみると良いでしょう。意外と実家の回りのご近所ネットワークもバカにはできませんので、実家のあるエリアが投資対象になり得るのであれば、両親や親戚のツテは太いかもしれません。

まとめ

ボロ戸建の情報は、ポータルサイトを見る以外にも、空き家バンクや地場の不動産会社、人づての情報など、様々な手段で入手できます。ポータルサイトの良い物件の情報はすぐに無くなってしまうので、複数の物件を探す手段を知っておいた方が、良い物件に出会える可能性は上がります。

不動産は一期一会で、しかもボロ戸建は特に売り切れるスピードが早い傾向にあるため、粘り強く物件を探し、良い情報があれば速攻で取りに行く気概を持つことをオススメします(焦りは禁物ですが)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました