用途地域

不動産活用

旅館業と民泊新法どちらを選べばいい?5つのパターンを解説

民泊を開業するためには、旅館業法もしくは民泊新法(住宅宿泊事業法)による許可・届出受理を得る必要があります。旅館業法では営業日数の規制がないため売上の最大化が期待できる一方、開業のハードルは民泊新法より高くなります。 ここでは、旅館業...
不動産活用

民泊をする際は「用途地域」に注意!開業できるエリアや調べ方を解説

民泊を開業する際に必ず調べておかなければならないのが用途地域ですこれを怠ったり謝ったりしてしまうと開業にこぎつけられないリスクもありますのでくれぐれも注意が必要です。 この記事では、民泊営業が可能な用途地域の一覧、そもそも用途地域とは...
不動産活用

東京23区の民泊・旅館業条例まとめ。開業しやすい・しにくい区は?

民泊新法(住宅宿泊事業法)と旅館業法は、各自治体によって条例や条文解釈の違いにより規制が異なり、開業に必要な条件が変わります。そのため、自分が開業したい地域の要件はどのようになっているのか、開業までの難易度は高いか・そうでないかをあらかじめ...
不動産活用

民泊新法(住宅宿泊事業法)と旅館業法の違いは?メリットと選び方も

民泊を開業するには、民泊新法(住宅宿泊事業法)もしくは旅館業法に基づき営業許可(届出受理)を受けなければなりません。それぞれ手続きの方法や規制が変わってくるため、どちらを選ぶかは重要です。 ここでは民泊新法と旅館業法の違いの比較と、そ...
不動産活用

民泊の開業許可(届出)の取り方と候補物件のチェックポイント

良さそうな民泊物件が見つかっても、内覧後すぐに申込を入れるのはリスクがあります。なぜかと言うと、民泊のような宿泊業は許可制であり、旅館業法に基づく許可もしくは住宅宿泊事業法による届出の受理がなければ営業することはできず、許可等のために必要な...
タイトルとURLをコピーしました