むすびては、不動産活用×IT・マーケティング領域に取り組んでいる会社です。

宿泊施設事業

日本各地で旅館業法・住宅宿泊事業法(民泊)に基づく宿泊施設の営業を行っています。大人数で滞在頂ける貸切施設を中心に、リーズナブルかつ街の魅力をお楽しみ頂ける宿をご提供しております。

レンタルスペース事業

東京都区内でパーティや撮影、ミーティング、テレワーク等にご利用頂ける時間貸し施設の営業を行っています。自宅でもお店でもない、プライベートな空間で充実した時間をお過ごし頂けます。

Webマーケティング事業

SEO対策、Wordpress導入、オウンドメディア施策をはじめ、Googleマイビジネス(Googleマップ)経由での集客や宿泊施設・店舗の予約ページ作成および最適化など、集客・売上アップに繋がる様々なマーケティング業務を承っています。

不動産活用支援事業

空き家や長期間空室のテナントの収益化、地方自治体向けの空き家活用・空き家バンク運用コンサルティング、不動産活用に伴うITツールの導入や業務プロセスの改善、マーケティング支援などを承っています。

Latest Posts

宿泊施設(民泊)・レンタルスペース・不動産活用に関するノウハウやツール情報、マーケティング、IT化・DXなどの情報および、弊社の最新情報を発信しています。

やってみてわかった、リゾート地で民泊を始めるメリットとデメリット

弊社では2020年11月より、神奈川の箱根(強羅駅前)で戸建民泊を開業しています。

箱根といえば首都圏を代表する観光地の一つであり、様々な宿泊施設がこれでもかと立ち並ぶ日本有数の温泉街でもあります。また高原・温泉リゾート地として別荘も大量に存在しています。

コロナ禍によって今まで王道とされていた都市部での民泊が壊滅し、GOTOトラベル効果によって郊外のリゾート地への宿泊が増えたことを受けて弊社も進出したのですが、実際のところ、リゾート地で民泊をやるとどういうメリット・デメリットがあるのか?という点は気になる方もいるかと思います。

別荘や保養所を持て余している方や法人のご担当者様、リゾート地で民泊をやってみたい方など、どうぞご参考に。 続きを読む

民泊やるならマンション・戸建・アパートどれが良い?特徴まとめ

民泊営業の可能な物件数は多くありませんが、一方で物件選びは民泊の成功には欠かせません。立地・家賃・間取り・設備それぞれのバランスを見て、「ここなら行ける!」という物件を探し続けるのは非常に大切です。

今回はマンション・戸建・アパートという物件種別ごとに、民泊で利用する際のメリット・デメリットをまとめました。物件選びのご参考にどうぞ。 続きを読む

所有物件を民泊用途で貸す場合のメリット・デメリットと始め方

コロナ禍の影響で厳しい状況にある民泊業界ですが、依然として民泊ができる物件の供給は少なく、現在でも物件を探し回っている事業者は多い状況です。

大家からすると、民泊用に賃貸募集を行うことで収益アップや空室期間の短縮といったメリットが見込める一方、いくつかのデメリットがあったり、始める際のハードルがあったり、情報が少なかったりするため、なかなか踏み切れない選択肢の一つとなっているのが現実でしょう。

この記事では、大家と民泊運営どちらも行っている筆者から賃貸物件を所有する大家さんに向けて、民泊用に物件を賃貸するメリット・デメリットと、具体的な賃貸募集の始め方について簡単に解説していきたいと思います。 続きを読む