ブロックチェーンで、もっと価値ある仕事を。

むすびては、ブロックチェーンの技術を使って新しい価値を生み出す活動を支援する会社です。
今より効率的な業務ソリューションの提供、新規事業の創出、ブロックチェーンや仮想通貨による新たな価値交換の仕組みなどを、ともに伴走しながらご提案・導入していきます。

コンサルティング・開発

ビジネス利用における仮想通貨・ブロックチェーンの各種コンサルティング及び開発業務を行っています。
独自トークンの開発や、仮想通貨・ブロックチェーンを用いたサービス開発・業務改善、リサーチ、集客、マーケティング、資金調達など幅広くご相談いただけます。

独自仮想通貨の運営

仮想通貨が生み出す独自のエコシステムによる有機的なコミュニティを作る実験として、モノづくりを応援するトークン「KanadeCoin」を開発・運営しています。

Webメディアの運営

モノづくりをする人達やこだわりの詰まったプロダクトを紹介・応援する各種Webメディアを開発・運営しています。
⇒モノづくりを発信するメディア「かなでや」

Latest Posts

ブロックチェーンのビジネス活用に関する情報や、弊社の最新情報を発信しています。

仮想通貨の「投げ銭」によるエコシステムが、Webの在り方を変える

仮想通貨に関する情報収集をしている際、「投げ銭」という言葉を何度か見かけた方もいるのではないでしょうか。中には実際に投げ銭を行ってみた方もいることと思います。

一見なんて事はない印象を受けるこの投げ銭ですが、実はこの仕組みこそ、仮想通貨やブロックチェーンを語る際に非常に面白く重要な要素なのです。特にWeb上における様々な人々の気持ちや行動を変容させ、新たなWebサイト・Webサービスのあり方さえ考えさせるものとなっています。

今回は、その「仮想通貨による投げ銭」について、その意義やもたらされるメリットを解説し、合わせて自身のWebサービス等に導入する方法と注意点についてもご紹介したいと思います。

続きを読む

仮想通貨で寄付を募るメリットと事例。社会問題解決にどう貢献する?

hedge guide記事からの転載です。

最近、仮想通貨で寄付を受け付ける事例が見られるようになりました。今までは日本円などの法定通貨や物品で支援を行っていましたが、今ではビットコインも寄付に用いる主要な手段の一つとなっています。

これは単なる流行によるものなのか?と言われると、必ずしもそうとは言えないでしょう。なぜなら、仮想通貨には法定通貨などでの寄付に比べていくつかの利便性を有しているからです。

世間の仮想通貨に対するイメージがまだ良いとは言えない現状でも、寄付手段として受け容れられていることがその証明になるはずです。

この記事では「なぜ仮想通貨が積極的に寄付に使われているのか?」という疑問に答えるべく、その優位性について説明し、また実際の仮想通貨による寄付の事例についてもご紹介したいと思います。 続きを読む

日本でICO(仮想通貨での資金調達)は可能?検討方法と法規制を解説します

新たな事業を立ち上げる際や事業規模を拡大しようとする際には、まとまった資金が必要となります。その際には融資を受けることや株式・社債の発行などを通じて資金を調達することが従来の手段でした。

しかし、最近では新たな資金調達手段として「ICO」を利用した資金調達を行う企業が出始めてきました。一方で、ICOは世界的に法的規制の強化が進んでおり、日本でもこれからのICO実施を一旦様子見としている企業も見られるようになりました。

なおICOとは「Initial Coin Offering」の略で、日本語では「新規仮想通貨公開」とされています。ICOは「仮想通貨を発行し、事業立ち上げや拡大などのための資金を調達する仕組み」となります。 続きを読む