やってみてわかった、リゾート地で民泊を始めるメリットとデメリット

弊社では2020年11月より、神奈川の箱根(強羅駅前)で戸建民泊を開業しています。

箱根といえば首都圏を代表する観光地の一つであり、様々な宿泊施設がこれでもかと立ち並ぶ日本有数の温泉街でもあります。また高原・温泉リゾート地として別荘も大量に存在しています。

コロナ禍によって今まで王道とされていた都市部での民泊が壊滅し、GOTOトラベル効果によって郊外のリゾート地への宿泊が増えたことを受けて弊社も進出したのですが、実際のところ、リゾート地で民泊をやるとどういうメリット・デメリットがあるのか?という点は気になる方もいるかと思います。

別荘や保養所を持て余している方や法人のご担当者様、リゾート地で民泊をやってみたい方など、どうぞご参考に。 続きを読む

民泊やるならマンション・戸建・アパートどれが良い?特徴まとめ

民泊営業の可能な物件数は多くありませんが、一方で物件選びは民泊の成功には欠かせません。立地・家賃・間取り・設備それぞれのバランスを見て、「ここなら行ける!」という物件を探し続けるのは非常に大切です。

今回はマンション・戸建・アパートという物件種別ごとに、民泊で利用する際のメリット・デメリットをまとめました。物件選びのご参考にどうぞ。 続きを読む

所有物件を民泊用途で貸す場合のメリット・デメリットと始め方

コロナ禍の影響で厳しい状況にある民泊業界ですが、依然として民泊ができる物件の供給は少なく、現在でも物件を探し回っている事業者は多い状況です。

大家からすると、民泊用に賃貸募集を行うことで収益アップや空室期間の短縮といったメリットが見込める一方、いくつかのデメリットがあったり、始める際のハードルがあったり、情報が少なかったりするため、なかなか踏み切れない選択肢の一つとなっているのが現実でしょう。

この記事では、大家と民泊運営どちらも行っている筆者から賃貸物件を所有する大家さんに向けて、民泊用に物件を賃貸するメリット・デメリットと、具体的な賃貸募集の始め方について簡単に解説していきたいと思います。 続きを読む

コロナ禍で民泊をスタートしてみた結果こうなった【2020年12月】

弊社では、2020年7月より福岡市で、11月より箱根で宿泊施設の運営を開始しました。

皆さんご存じの通り、今や新型コロナウィルスの影響で宿泊業者は大ダメージを受けており、GOTOトラベルの実施を受けてもなお厳しい経営状況が続く宿泊施設は珍しくない状況です。

そうした中、完全に逆張りと言えるようなタイミングで民泊に参入したのですが、その途中結果をまとめたいと思います。

続きを読む

民泊や宿泊施設事業を推進することで得られる、地方創生へのメリット

インバウンド観光がアツいと全国的に注目を受けてから2~3年ほど経ちますが、その煽りを受けて、今はどこでもホテルとゲストハウスの建設ラッシュです。

さすがに今はバブル期だけあって乱立気味に思いますが、宿泊事業は勢いのある市場なので、数年スパンで見れば軌道に乗る宿もかなりの件数にのぼるんじゃないでしょうか。

今は民泊新法の糞みたいな制度が邪魔をして下火になってしまいましたが、今のホテル建設ラッシュになるまでは、民泊(Airbnb)が盛んでした。

続きを読む