ブロックチェーンは万能ではない。「取引台帳」として出来ることとは?

ブロックチェーンのビジネス活用は各所で研究や実証実験が進んでおり、アツいジャンルの一つと言うことができます。

しかし一方で、実用化されたプロダクトはほとんど市場には出ておらず、また既存のテクノロジーを活用したサービスよりも優位性があることを満足に示せているとは言えない状況にあります。

そうした中、日本を含め各国ではブロックチェーン事業を取りやめたり、より小規模にピボットしたりする事例も出てきました。市場は2018年1月辺りの仮想通貨バブルと比較すると、企業界隈も熱狂が冷めて大人しくなった印象があります。

ですが、冷静に考えてみれば、こうした動きをもとに「ブロックチェーンはもう下火」と考えるのはやや早計かと思います。なぜなら、「ブロックチェーンが何にどう使えるのか」という認識が少ないまま、過度の期待をもって実験が進んでいた印象を感じずにはいられないからです。

続きを読む

より簡単に!オークション機能をブロックチェーンで開発するメリット

安全なP2P取引を可能にするブロックチェーンの機能を使えば、オークションのシステムを効率的に導入することが可能です。

仮想通貨の取引台帳であるブロックチェーンには、タイムスタンプ付きで取引履歴を全て記録する仕組みや、その履歴を誰かに改ざんされない強み、プログラミングにより決済や権利の受け渡しの自動化が可能といった様々なメリットがあります。

これらの機能を用いることで、従来はシステム構築が複雑だったオークションの仕組みをより簡単に開発することができるようになります。 続きを読む