日本でICO(仮想通貨での資金調達)は可能?検討方法と法規制を解説します

新たな事業を立ち上げる際や事業規模を拡大しようとする際には、まとまった資金が必要となります。その際には融資を受けることや株式・社債の発行などを通じて資金を調達することが従来の手段でした。

しかし、最近では新たな資金調達手段として「ICO」を利用した資金調達を行う企業が出始めてきました。一方で、ICOは世界的に法的規制の強化が進んでおり、日本でもこれからのICO実施を一旦様子見としている企業も見られるようになりました。

なおICOとは「Initial Coin Offering」の略で、日本語では「新規仮想通貨公開」とされています。ICOは「仮想通貨を発行し、事業立ち上げや拡大などのための資金を調達する仕組み」となります。 続きを読む

ブロックチェーンはどう実装すべき?システム構築の向き不向きまとめ

ブロックチェーンという情報技術は、様々な経済活動において新しい可能性を開きつつあります。しかし、その全貌を詳しく知ろうとするためには、コンピュータサイエンスの知識や専門的な用語が必要不可欠となるため、なかなかとっつきにくいと考える方も多いでしょう。

この記事では、「ブロックチェーンはどういった用途で実装するとその強みを活かせるのか?」「ブロックチェーンが苦手とするジャンルはどのようなものか?」ということについて、いくつかの具体的な用途を例に挙げながら解説していきます。 続きを読む

ブロックチェーンは万能ではない。「取引台帳」として出来ることとは?

ブロックチェーンのビジネス活用は各所で研究や実証実験が進んでおり、アツいジャンルの一つと言うことができます。

しかし一方で、実用化されたプロダクトはほとんど市場には出ておらず、また既存のテクノロジーを活用したサービスよりも優位性があることを満足に示せているとは言えない状況にあります。

そうした中、日本を含め各国ではブロックチェーン事業を取りやめたり、より小規模にピボットしたりする事例も出てきました。市場は2018年1月辺りの仮想通貨バブルと比較すると、企業界隈も熱狂が冷めて大人しくなった印象があります。

ですが、冷静に考えてみれば、こうした動きをもとに「ブロックチェーンはもう下火」と考えるのはやや早計かと思います。なぜなら、「ブロックチェーンが何にどう使えるのか」という認識が少ないまま、過度の期待をもって実験が進んでいた印象を感じずにはいられないからです。

続きを読む

仮想通貨の投げ銭、トークンエコノミーの普及で世の中はどう変わるか

hedge guide記事からの転載です。

2019年4月、HEDGE GUIDEを運営するハーチ株式会社は、ブロックチェーンを用いたピアボーナス制度(社内通貨による360度評価制度)”GIFT”の運用を開始したことを発表しました(参照:ギフトエコノミーを体現する。ブロックチェーンを使ったピアボーナス制度「GIFT」を導入しました。

現在、テストローンチして運用を行っている最中ですが、社内でも「楽しい」という声が出てきたり、実際に様々な感謝の言葉がブロックチェーン上に刻まれていくのを見たりして、早速一定の成果を得られているのではないかと感じています。 続きを読む

独自仮想通貨を導入してユーザーの継続率・満足度をアップする方法

自社のサービスやゲームにおいて、独自仮想通貨を導入することで様々なメリットがあります。決済の仕組みを簡単に整備できるだけではなく、ユーザー同士のやり取りが活発化することで、サービス継続率や満足度を向上させることも可能です。

今回は、そうした自社サービスを展開している事業者様向けに、独自仮想通貨の導入メリットや課題をご紹介します。特にユーザー間のコミュニケーションを活発化したいと考える場合には非常に面白い施策だと思いますので、ぜひご一読を。 続きを読む

紙より低コスト、手間いらず。仮想通貨で作る電子チケットの仕組みとは

最近はイベントやライブにおいて、紙ではなくQRコードを読み取って入場をするような電子チケットを導入するところも目立ってきました。特にビジネス系のセミナーやイベントなんかはPeatixやPassmarketといったサービスで申し込めるところが多くなっています。僕もしょっちゅう使っています。

こうした電子チケットの仕組みは、ブロックチェーンで導入することが可能であり、まだ研究段階ではあるものの、実際にプロダクトも登場してきています。 続きを読む